プロテニス選手を目指すのであれば、ジュニア時代は目の前の勝ちに固執しない

こんにちは、テニスパーソナルトレーナーの陣内です。

プロテニス選手を目指すのであれば、ジュニア時代には目の前の試合や大会の勝ちに固執してしまうと、成人になった時の可能性を狭めてしまう恐れがあるということを是非テニスママとパパには知ってもらいたいと思います。

まず勘違いしないで頂きたいのはジュニア選手に対して全力で試合に臨んではいけないということや勝ち続けてはいけないという意味ではありません。

発育・発達には個人差がある

当たり前ではありますが、人には発育・発達があり、これには個人差があります。

ジュニアの時に大会で勝ち進んでいく子供の特徴として早熟傾向があります。

お子さんが早熟傾向の子であれば、同じ年代の子供達に勝つのは当然であり、その子の生理的な年齢の子供と試合や練習をやらせることが大事になります。

逆に晩熟傾向の子で、成長するのがゆっくりの子が同級生である早熟の子や平均的な子に試合で負けたとしてもフィジカルの差が大きいため、残念ではありますが、その時に負けてしまっても当たり前です。

負けるのは当たり前ですが、その子が試合への準備段階と試合で全力で取り組んだのか、勝ち負けという結果ではない、試合中の目標を立てて、その目標を達成できたのかに目を向けることが大事になります。

ジュニア時代のテニス選手をサポートするためには

ジュニア時代のテニス選手をサポートする上で一番大切なのが、ジュニア選手の発育や発達にあった指導をするテニスコーチとトレーニングコーチを見つけ指導してもらう環境を整えることです。

決して、トッププロへのコーチングプロの経験や選手としての成績がジュニア選手を指導する上で必要な項目ではありません。

逆にトッププロを指導している指導者や選手としていい成績を収めていた指導者は身体の動かし方、コツを自然と身に付けており、これを指導できない可能性もあります。

口で言ったり、見せたりしてもジュニア選手はできなかったり、指導した時にはできるけど、翌日にはもうできずにいたり、そうすると「なんでできないんだ!」とコーチが嘆く場面も残念ながら見受けられます。

ジュニア選手を指導するのは、テニス指導者であればある程度はできますが、プロ選手へと育成する上で必要なコーチングスキルや知識は他のテニスを指導する対象の中では一番レベルの高いことが求められます。

プロテニス選手になったら、勝敗にこだわりを持つことはとても重要であり、どれだけ大会で優勝したのかは大切になりますが、ジュニア選手が同じように目の前の勝敗にこだわりを持ってしまうと長期的な目標であるプロテニス選手としての活躍を達成できなくなってしまう恐れがあります。

優勝したトロフィーを並べているテニススクールはあると思いますが、そのテニススクールからどれくらいプロテニス選手が出ているのか、どれくらいの割合でプロテニス選手になっているのかも重要な情報になります。

早熟なジュニア選手を集め、ジュニアの大会で優勝させることは一見、プロテニス選手になるためには最高の環境だと思いやすいですが、本当にいい環境はジュニア選手それぞれの発育・発達に合わせて、その時期に必要な指導をする環境になります。

発育・発達状況にもよりますが、ジュニアの大会ではいい成績をとるような指導を取らないことが長期的にはより強いプロテニス選手になる可能性を広げる方法の場合もあります。

【お問い合わせはこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です