若手トレーナーにとっての働きやすい生き方

こんにちは、テニスパフォーマンスディレクターの陣内です。

今日は、若手トレーナーの方とお話をさせて頂いた時に、伝えさせて頂いている働きやすい生き方について書きたいと思います。

若手トレーナーとビジネスについてお話をさせていただく時には必ず自分にとっての働きやすい生き方について話してもらうようにしてもらっています。

働きやすい環境もそうですが、働きやすい生き方はかなり個人差が出てくると思うので、相手にとっての働きやすい生き方について私と共有していないと、キャリアデザインなども含めてビジネスについてはアドバイスをすることは難しいと思っています。

3つの自由

働きやすい生き方を考える時には、私は3つの自由に関して話をさせていただいています。

  • 時間の自由
  • 仕事の裁量の自由
  • 収入の自由

時間の自由とは、自分自身の自由な時間や家族との時間、趣味の時間などがあります。仕事の裁量の自由には、自分の仕事に関してのコントロール度やしやすさが含まれます。そして収入の自由とは、仕事における成果の反映度や所得の分散にあります。

もちろん、どれも大切な自由になりますが、人によって3つのうち、どれを一番大切にしているかを共有してもらっています。

3つの自由は1つずつ独立しているものではなく、お互いが影響を与えているので一番大切にしているものも大事ではありますが、どのような価値観を自分自身が持っているかを向き合うことはとても大切になります。

「3つのうち、どれが一番大切だと感じますか?」と突然聞かれても答えられないと思うので、私自身の価値観を伝えてイメージを持ってもらうようにしています。

スポーツトレーナーという職業の特徴かもしれませんが、3つの自由のうち、一番大切に感じているのは仕事の裁量の自由で、3つの中ではそこまで重要視していないのが収入の自由になりますが、悩みは収入の自由に関してになります。

そして収入の自由の次に悩みが多いのは、仕事の裁量の自由になります。これは、私の周りから聞いた範囲でのデータを基にしているので、本当はどうだかは分かりません。

ビジネスにつなげるための質問なので2つ目の質問は収入の自由についてにしていますが、ここでは最低手にしなければならない収入について聞くようにしています。

この最低手にしなければならない収入についても人によって定義が変わりますので、また違う記事で書きたいと思います。

また、この働きやすい生き方というのは、人生の節目節目で変わるものなので、定期的に向き合うことも大切だと思いますし、キャリアデザインを考えるときには、人生のマイルストーンをヒントに想像したり、1つずつのマイルストーンを迎えた人生の先輩方からお話を聞くことも大切だと思っています。

【お問い合わせはこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です