女性テニス選手・愛好家はご安心してサポートさせてください!

こんにちは、テニスパフォーマンスディレクターの陣内です。

先日、日本産科婦人科学会と日本女性医学学会が女性アスリートのヘルスケアに関する管理指針を発表しましたので、しっかりと女性テニス選手・愛好家の方を日本のガイドラインに沿いながらサポートできるように内容を確認させて頂きました!

女性アスリートのヘルスケアに関する管理指針の完成まで

  1. 2014年、女性アスリート対象の大規模な調査                                                           (月経状況、月経随伴症の有無、身体障害の既往など複数の項目)
  2. 日本の女性アスリートの抱える様々な問題点を明らかに
  3. 対策が喫緊の課題であるとの認識
  4. 共同作業として対策の基準となる指針の作成の開始

テニスを楽しむ全ての女性が対象

女性アスリートと聞くと、トップアスリートのことで、週末や年に数回テニスを楽しんでいる私のことではないなぁと思われるかもしれませんが、この管理指針はスポーツや運動を楽しむ全ての女性を対象にしていて、スポーツや運動を楽しむ女性の健康管理に携わる全ての職種の方々の座右の書として活用してもらいたいと書かれています。

指導者や保護者の方の理解とサポート

この管理指針を読み終わった後には、やはり指導者や保護者の方の理解とサポートはやはり必要不可欠だなと改めて思いました。

サポートをさせて頂いている女性テニス選手や愛好家の方々にはいきなり情報を全て渡すのではなく、小出ししながらしっかりと吸収してもらえるようにしながら、選手や愛好家の方々をサポートしている指導者や保護者の方には選手がしっかりと情報を吸収して実施できるように必要な情報を共有していきたいなと思っています。

個人的に残念だったのが、この管理指針の最後に連携施設・機関が8つ紹介されていましたが、アスレティックトレーナーやトレーニング指導者の団体が1つも含まれていませんでした。

【お問い合わせはこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です