トレーニング指導の前にテニスコート上でのコーチングを必須にしました。

こんにちは、テニスパフォーマンスディレクターの陣内です。

3月から実際にトレーニングを指導させて頂くクライアントさんに関しては、トレーニング指導を開始する前にテニスコート上でのコーチングを先に実施することを必須にさせて頂いた理由を今回は説明したいと思います。

今までの流れ

  1. テニスコーチとのミーティング
  2. テニス選手・愛好家のアンケート
  3. 練習と試合の映像分析
  4. テニス選手・愛好家の評価
  5. テニス選手・愛好家とのミーティング
  6. テニス選手・愛好家とテニスコーチとの第三者でのミーティング
  7. トレーニング指導

今まではトレーニング指導するまでに上記のような流れがありました。

基本的にはテニス選手や愛好家の方へのトレーニング指導はテニスコーチからの紹介から始めるため、テニスコーチに現在、どのような課題があるのか、これまでどのようなコーチングをしてきたのか、これからどのようにテニスのスキルや戦略を身につけさせ、レベルアップさせようと考えているのかなどをミーティングでは聞き取りをします。

このミーティングのゴールはテニスコーチがクライアントさんであるテニス選手・愛好家の方をどのように評価し、考えて、どこを目指し、どのようにアプローチしていこうか考えているのかを知ることになります。

テニス選手や愛好家に答えてもらうアンケートでは、今までどのようなケガや病気をしてきたのか、アレルギーがあるかなど医師などの許可や診察などが必要な状態ではないかを事前に確認させてもらうようにしています。

練習や試合などの映像を事前に確認することで動画での確認になりますが、実際にテニスをしている状態を把握するようにしています。

トレーニング指導の目標はテニスでのパフォーマンスをアップさせることになるので、トレーニング前のテニスのパフォーマンスを確認することは必須だと考えています。

映像を見てから、実際にクライアントさんにお会いして、身体や動きなどに関する個人の特徴をより把握するために評価をさせて頂きます。

評価をした上でテニス選手・愛好家の方とミーティングをして、クライアントさんとしっかりと意思疎通させていただき、その後、テニスコーチを含めて、三者でミーティングをして全員が同じ報告を向くようにしています。

3月からの新しい流れ

  1. テニスコーチとのミーティング
  2. テニスコートでのコーチング
  3. テニス選手・愛好家のアンケート
  4. 練習と試合の映像分析
  5. テニス選手・愛好家の評価
  6. テニス選手・愛好家とのミーティング
  7. テニス選手・愛好家とテニスコーチとの第三者でのミーティング
  8. トレーニング指導

テニスコーチとのミーティングをした後に、テニスコートでのコーチングを加えています。

コーチング前やコーチング中にももちろんテニス選手や愛好家の方々の状態を把握するために会話はしていますが、分かりやすく、テニスコーチとのミーティングの後にテニスコートでのコーチングを追加するだけにしています。

テニスコートでのコーチングをここに加えることで、テニス選手や愛好家の方との信頼関係をより構築できているように感じています。

私のクライアントさんの多くは週に数回テニスの練習をして、年に数回大会に参加しているような主婦の方や会社員の方で今までトレーニングをしていたことはあるけど、見よう見真似で自分でやったり、学生時代に先輩や指導者の方から教わったり、トレーニングは全くやったことがないような方々だったのでトレーナーが実際にどのような指導をするのか分かっていないので、どんな効果が得られるのかをまず実感してもらうようにしています。

正直、テニスコート上でのコーチングだけを受けて、トレーニング指導を受けていない方もいらっしゃいます。

これは本人からそうしたいと言われた時もあれば、私から提案させて頂く場合もあります。

【お問い合わせはこちらから】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です